最後まで大切なPETへようこそ
さようならペットさん

カワイイペット達

大切なペット。最後まで愛情を捧げて見送ろう

ペット・ロスとは

家族や恋人、親しい友人を亡くしたり、別れたりして失ったときには、悲しみや悔いで落ち込むことは当たり前です。これはペットに対しても、同じ様な感情を持っていても普通なことです。

私たちや家族にとって、何年間も共に暮らしたペットは家族の一員です。そのペットとの別れや死に対して、悲しんだり、苦しんだりするのはしごく自然で正常な反応なのです。このことをペット・ロスと言います。
ペット・ロスは、ペットと共に暮らした人には、誰にでも起こることですので、ペット・ロスとはどのような状態なのかを知って、重症にならないように知っておきましょう。

心身的な変化

ペット・ロスになると、精神的や身体的にさまざまな変化が起こることがあります。精神的には、不安、落ち着かない、集中できない、悲観的、罪悪感を持つ、孤独感が強くなる、パニックに陥る、死んだペットの姿が見えることがあるなどの症状がでることがあるようです。
身体的には、すぐに涙が出る、食欲不振・過食、不眠、吐き気、下痢・便秘、腹痛、頭痛、頭が重い感じ、肩こり、しびれ、難聴、めまい、全身倦怠感、やる気がおこらない、じんましんなどの症状などがでることがあります。これらの症状は時間が経つにつれて、次第に軽くなってくるはずですが、症状が長く続いたり、症状が重くなっていったら、病院で診てもらうなど、カウンセラーに相談することをおすすめします。

ペット・ロスの悲しみに対処するために

ペットとの別れや死に遭遇したときに起こる悲嘆に、どう対処するには、2つの作業が必要だといわれます。
1つはペットの別れや死を受け入れることで、もう1つは別れや死によって引き起こされる感情や生活の変化とうまくつき合うことです。
人が亡くなった場合では、お通夜、お葬式、初七日、四十九日、新盆、一回忌などを行って、親しい人たちが集まり、家族といっしょに故人を偲んでくれます。ペットの場合には、人のようにいっしょにその死を悲しみ、偲んでくれる人が少ないため、悲嘆が長引くようです。
ペットを失ったことで引き起こされる、悲しみの感情を、自分だけで抑えることは並大抵なことではありません。こみあげる感情を和らげるのに、他の人に救いを求めることが必要です。
アメリカではペット・ロスの相談窓口がたくさんあり、ペットを失った悲しみや苦しみ、ペットとの楽しい思い出などを聞いてくれるそうです。大抵の人は話を聞いてもらったことで気分が落ち着いて、現実を受けとめることができるようになっていくといいます。日本ではペット・ロスに対する支援体制がまだまだ少ないので、家族やペットを飼った経験のある友人に思いの丈を聞いてもらいましょう。

具体的な処方箋

ペット・ロスに陥ったときの具体的な対処方法としては、つぎのようなことはいかがでしょう。

1. 悲しかったら涙を流すなど感情を素直に表現しましょう。
2. 食事は必ずとりましょう。
3. 眠れなくても、横になって身体を休めてあげましょう。
4. 何か自分の好きなことをしてみましょう。
5. 定期的に軽い運動をしましょう。
6. 友人や知人と会って、おしゃべりをしましょう。
7. 家の模様替えをしてみましょう。
8. ペットのものを整理しましょう。
9. お葬式をしましょう。
10. お墓を作り、お参りに行きましょう。
11. ペットの写真を飾ってみましょう。
12. ペットの一部をアクセサリーにして身につけてみましょう。
13. アルバムや本などを作ってみましょう。

メニュー火葬までの安置方法
火葬の種類
個別火葬と合同火葬
ペットロスとは
老犬老猫の付き合い方
悪徳業者に気をつけよう
安心信頼葬儀会社を探す
サイトマップ
HOME

(c)最後まで大切なPET Allright Reserved.