最後まで大切なPETへようこそ
さようならペットさん

カワイイペット達

大切なペット。最後まで愛情を捧げて見送ろう

火葬までの安置方法

愛するペットの突然の不幸は、誰しも悲しみのあまり気が動転して、どうしても冷静な判断力が失われてしまいます。
何から準備したらよいのか戸惑い、不安な気持ちになると思いますが、24時間対応してくれるペット霊園やペット葬儀業者が電話相談などの受け付けをしているところもありますので、まずは電話して困ったことや聞きたいことがあれば、いつでも電話をするとよいでしょう。また家庭の都合で住まいから離れた場所、例えば北海道の人が埼玉で葬儀を行う場合、準備も時間が掛かるため事前の連絡は重要です。
亡くなってしまってから、火葬までどのようにしたら良いかなど、相談に応じてアドバイスしてくれます。

安置する部屋を決定

ペットにとって一番安心できる場所はどこだったかを考えると、やっぱり自分の匂いが残っている場所といえるでしょう。
愛着のある部屋に愛用していたマット等を敷いて安置できれば理想的なのですが、そのような部屋が無い場合や、場所により生活に不都合が生じる場合等では、ペットが愛用していたゲージ等に安置しておくことも良いでしょう。
ペット葬儀はまず、ペットの立場になって考えることが大切です。
※使用するものは必ずしも新品である必要はありません。清潔であれば、生前愛用していた物の方がペットにとっても安心できると思います。ただ飼い主にとっても「最後のお世話」なので、ペットのことを考えた上で、飼い主自身も悔いが残らないような「旅支度」を整えてあげるとよいでしょう。
ペットの体からおしっこやうんち、時には出血することもあるのですが、これは動物である以上自然な現象であり、人でも同じ事が起こります。 個体差はありますが時間の経過と共に落ち着いてくることなので、その都度きれいに拭いてあげるようにしておいてください。
程度によっては、その部位にティッシュや脱脂綿等をつめて必要に応じて交換し、ペットが「生きていた証」を心を込めてお世話をしてあげるとよいでしょう。

お供え物の準備(枕飾り)

ペットが愛用していた器に、好物や主食(ペットフード等)やお水を、ご遺体のすぐ脇にお供えしてあげましょう。写真や花飾り、愛用のおもちゃなどがあれば一緒においても結構です。
※人の場合に習って、枕飾りテーブルや、小さな題に白い布をかけて用意して、お供えする方もいますが、ペットにとって高いテーブルでの食事は不自然な状態となるので、できれば生前食べていたとき同じような環境を作ってあげるとよいでしょう。
「生前の姿で、自宅で過ごせる最後の時間」なので、「より安心して過ごせる環境」を整えてあげましょう。

火葬日時を決める

ご遺体の安置と並行して、葬儀(火葬)を行う日時をご検討しましょう。
飼い主様をはじめ、家族皆の都合を考慮して、最適な日時を決めるとよいと思います。
亡くなった翌日等に火葬を行う場合では、特別な保冷材等を用いた処置を施す必要はありませんが、火葬日時まで数日間の安置期間がある場合では、季節や条件によっては、遺体の保冷を行う必要があります。

火葬を迎える日まで

火葬の日を迎えるまで、ご飯とお水は毎朝換えましょう。
遺体の保冷方法は、2〜3日程度であれば市販の保冷材で十分対応できるのですが、長期間の安置となるとドライアイスやエンジェルパック等を使う必要となります。
または、ドライアイスを使用される場合には、素手で直接触らず適切な量を使用しましょう。
また換気の必要性等に注意をしながら、直接遺体に当てるのではなく、特殊保護シートのない場合は乾いたタオル等で代用して、ドライアイスを包むなどの処理を行いましょう。

recommend

2017/1/24 更新

メニュー火葬までの安置方法
火葬の種類
個別火葬と合同火葬
ペットロスとは
老犬老猫の付き合い方
悪徳業者に気をつけよう
安心信頼葬儀会社を探す
サイトマップ
HOME

(c)最後まで大切なPET Allright Reserved.